fc2ブログ

06

16

コメント

上高地、奥又白池

【季楽求 Vol.024】

行き先:上高地、奥又白池(途中下山)(長野県)
標高:(奥又白池2,470m)
日程:2013/06/08~2013/06/09(テント1泊)
メンバー:shin
天候:1日目:曇りのち晴れ、2日目:晴れ
所要時間 往路:【1日目】上高地-明神池-徳沢キャンプ場
             (所要時間:約3時間5分)
          【2日目】徳沢キャンプ場-奥又白池行き中断-上高地
             (所要時間:約6時間30分)

今年も上高地に行ってきました。

11:20バスターミナルに到着。

朝起きて、一番早く着く電車、バスに乗って上高地に着くのがこの時間。

いつももう少し早く着けるといいなぁと思ってしまいます。

上高地_001

今回は初日は結構時間があります。

徳沢キャンプ場でテント泊なので、のんびり、ゆっくり歩きながら明神池に

立ち寄って、徳沢へ。

上高地_002

上高地_003

上高地_004

上高地_005

上高地_006

上高地_007

上高地_008

徳沢到着後、徳澤園で受け付けを済ませてテントを張りました。

思ったより人がいました。もっと少ないかと思ってた。

上高地_010

時間があるのでキャンプ場周辺をブラブラしましたが、猿が多い。

木に登る猿もいれば、キャンプ場にまで来る猿もいる。

そして、近づきすぎると威嚇してくる。

これ以上、人に慣れてくるとやっかいなことになりそうな気がしました。

上高地_011

上高地_012

そろそろいい時間になった来たので、まずは汗を流しに徳沢ロッジの

外来入浴へ。

風呂に入れるキャンプ場っていいですね。

特に連泊するときには助かります。

その後、食事を済ませて後は寝るだけですが、幸い天気は晴れ。

この感じだと星は出るだろう。

星が出るなら写真に撮りたい。

でも、Foveonで撮れるのか?

圧倒的な解像度を誇るDP1 merrillですが、高感度に弱いです。

それでも一応夜中に星を撮ってみました・・・が、ダメでした。

いろいろ駆使すればDP1Mでも撮れるのかもしれませんが、

今の下名の技量では何をどうすれば撮れるのかがさっぱり

分かりません。

カメラばかり良くなってもダメですね。

使いこなせるように頑張ります。

翌朝は5時前に起床。

上高地_013

食事を済ませ、準備をして6:30にキャンプ場を出発し、奥又白池へ。

上高地_014

上高地_015

上高地_016

新村橋を渡り歩いていくと、何やら異変が!

道が分からない!というか無い!!
上高地_017

周りの木々がなぎ倒されてるけど、もしかしてこのあたりが登山道だったのか?

木の枝をかいくぐり、倒れた木に登り、道を探すが分からない。

上高地_018

結構時間を費やし、何とか先に進めましたが、その後の雪渓も強敵でした。

今回の為にアイゼンを購入しましたが、雪の状態が思いのほかシャーベット状で

アイゼンを装着していても滑ってしまいます。

上高地_019

上高地_020

上高地_021

上高地_022

上高地_023

滑りながらも雪渓を登り切りましたが、雪渓を登っている時点で奥又白池まで行くのは

諦めていました。

このまま進んで帰りのバスに間に合わなかったら、もう一泊するという手もありましたが、

正直、今登ってきた道が合っているのかが分からなかった。

地図は持っていたし、適当に進んできたわけではないけど、それでも道が正しいかは

怪しかった!もっと、事前に調べてくれば良かったと後悔しましたが、また来ることを

約束して下山しました。

上高地_024

下山前にちょっとだけ登りました。
上高地_025

上高地_026

上高地_027

上高地_028

下山もやはり道が分からなくなり、途中、明らかに行きと違う場所を歩きながらも

無事、徳沢まで戻ってきました。

上高地_029

河童橋到着。

上高地_030

バスに乗るまで時間があったので、温泉へ。

温泉から出たあと、どっと疲れが襲ってきました。

完全にエネルギー切れです。

しばらく休憩して、帰る前にエネルギー補給。

上高地_031

上高地_032

今回は大変なこともありましたが、結果的には楽しかったです!!

さて、次はどこに行こう・・・実はもう決まっています♪
スポンサーサイト



リンク

人気ブログランキングへ
名山navi

【名山ナビ】は最新の登山ルート、登山道の状況を山岳連盟の会員の皆様と杉本氏(カシミ-ル)の協力を得て公開しています。また、集まった会費で登山道の整備・トイレの設置等を行い、皆様の安全で楽しい山登りに貢献します。

プロフィール

shin

Author:shin
自然が好きで、日本の素晴らしい山や海、川を巡って行きたいと思ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by

Ad