fc2ブログ

10

11

コメント

涸沢

【季楽求 Vol.012-1】

行き先:涸沢(長野県)
標高:2,350m
日程:2011/10/08~10 2泊3日
メンバー:shin
天候:晴れ
所要時間 往路:【1日目】上高地-横尾
                (所要時間:約3時間)約11㎞
           【2日目】横尾-涸沢
                (所要時間:約2時間50分)約6㎞
       復路:【3日目】涸沢-上高地
                (所要時間:4時間20分)約17㎞

2泊3日で涸沢へ行ってきました。今回がテントデビューです。

目的は涸沢の紅葉でしたが、上高地行きのバスの中で誰かが

「今年の涸沢の紅葉はダメだ。色づく前に枯れてしまってる。」

という下名(shin)のテンションを下げる会話が聞こえてきました。

事前にネットで今年の紅葉はイマイチだということは分かって

いたんですけどね。

新島々駅からバスに乗って約1時間、上高地に到着です。

今回は2泊3日ということもあり、結構写真も多いので2回に分けて

載せさせて頂きます。

まずは上高地-横尾になります。

上高地バスターミナル到着後、とりあえず腹ごしらえにおやきを

食べました。

「ピリ辛野菜」というのがありましたが、去年は無かったような

気がしたので「ピリ辛野菜」と「なす」を食べてみました。

「なす」は前から好きでしたが、「ピリ辛野菜」も美味かったです。

11:30頃、横尾へ向けて出発!

普通に歩いても時間に余裕があったので途中、明神池に寄りました。

池の写真を撮っていたら、近くにいたおじさんから

「ここから撮るといいよ」とアドバイスが。

「写真は遠近感が大事だから」ということで少しご教授して

頂きました。

明神池で写真を撮りながら休んで、徳沢へ向かいます。

特に何事もなく、歩いていたら徳沢に着きましたがそのまま

横尾を目指します。

またしても何事も無く横尾に到着。順調です。

受付を済ませてテントを張ります。

時間は掛かりましたが、特に問題なくテントは張れました。

この時点で16時前でしたが、これといってやることもなく

近くをブラブラして写真撮ったりするぐらいです。

1人で行動するのは好きですけど、こういうときには誰か

一緒行く人がいるといいなと思ってしまいます。

人はたくさんいるので話しかければいいんでしょうけど

自分からはなかなか難しいですね。

早めの夕食を済ませて、19時頃に早すぎる就寝。

初テントに初シュラフ・・・

シュラフはモンベルの「U.L.スパイラルダウンハガー#3」を購入。

快適睡眠温度域は0度ということなのでTシャツで寝てみました。

慣れていないこともあって数時間おきに目が覚めましたが何か

だんだん寝るには微妙に寒くなってきました。

「これは長袖を着た方がいい。でも長袖を着るには1度シュラフから

出ないといけない。そしたらもっと寒い!」と、わけの分からない

自問自答の結果、面倒くさくなってTシャツのまま朝を向かえました。

早朝の横尾は気温0度でした・・・寒いはずです。

朝食を摂って霜?でビチョビチョのテントたたんで、6:40涸沢を

目指して出発!!

【Vol.012-2】へ続きます。

【河童橋からの景色】
涸沢_001

【清水川】
どんなに雨が降っても決して水が濁ることがない清水川。
涸沢_002

涸沢_003

【まずは明神へ】
涸沢_004

涸沢_005

【明神到着】
涸沢_006

明神岳。
涸沢_007

【明神橋を渡って明神池へ】
涸沢_008

【明神池】
涸沢_009

涸沢_010

涸沢_011

涸沢_012

涸沢_013

鴨。
涸沢_014

涸沢_015

【徳沢へ】
涸沢_016

【徳沢到着】
テント張ってますね。
涸沢_017

「横尾」まであと3.9㎞
涸沢_018

涸沢_019

【横尾へ】
新村橋、ここは渡らずに素通りです。
涸沢_020

涸沢_021

【横尾到着】
すでにテントだらけです。
涸沢_022

上高地から11㎞。槍ヶ岳まではここから11㎞。
涸沢_023

ここにテントを張ります。
涸沢_024

40分ぐらい掛かりましたが「我が家」の完成。
涸沢_025

涸沢_026

横尾大橋。
涸沢_027

月。
涸沢_028

早朝の横尾。
涸沢_029

涸沢に向かって出発!!
今日もいい天気!
涸沢_030

リンク

人気ブログランキングへ
名山navi

【名山ナビ】は最新の登山ルート、登山道の状況を山岳連盟の会員の皆様と杉本氏(カシミ-ル)の協力を得て公開しています。また、集まった会費で登山道の整備・トイレの設置等を行い、皆様の安全で楽しい山登りに貢献します。

プロフィール

shin

Author:shin
自然が好きで、日本の素晴らしい山や海、川を巡って行きたいと思ってます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Designed by

Ad